英語留学よくあるご質問

フィリピン留学BONDS-各ページ13

フィリピン留学でよくあるご質問の回答集です。

SSPとは何ですか?
SSPとはSpecial Students Permitの略でフィリピンで大学等の正規の学生としてではないものの学生としてフィリピンで合法的に滞在するために移民局に登録するものです。この許可は学校毎に取得する必要があり、これが無い場合は日本人を含む外国人の受け入れをすることができません。無い場合は違法運営となり強制送還や罰金などの対象となります。
TESDAとは何ですか?
TESDAとはフィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁という組織が学校のカリキュラム・施設等の審査を行って発行されるものです。TESDA取得校は、政府から学校要件を満たしたということになります。またTESDAはSSPと異なり取得していない場合でも学校は違法運営しているということにはなりません。審査に時間がかかる事と、昔は任意取得だった事もあり2010年以前に設立された学校では取得していない所も見受けられます。
ACR-Icardって何ですか
I-Cardとは外国人登録証の事で滞在が59日を越える場合は必ず取得する必要がございます。学校が変わる場合、期間によっては再取得が必要になります。
日本でビザなどの準備は必要ですか?
必要ありません。すべてフィリピン国内で行えますのでご安心ください。パスポートはご自身でご手配下さい。
マニラからバギオまでの行き方はどうすればいいですか
マニラからはバスが24時間出ています。それを利用してバギオまで向かいます。有料でピックアップサービスを承っております。
ピックアップや入校日は決まっていますか?
必当校では特定の入校日を設けておりません。ご都合の宜しい日取りでフィリピンにお越し頂く事が可能です。
予防接種は必要ですか?
バギオにおいては必要ございませんが、100%ではございませんのでご心配な場合はご自身の判断でおやり下さい。
学校内のネット環境は?
BONDS-1の全部屋では全室でWifiをご利用頂けます。BONDS-2では各部屋は弱いですが、共有スペースでは問題なくご利用いただけます。
学校内の清潔さは?
当校では毎日3度の掃除をスタッフに義務づけておりますので大変清潔に保たれています。またトイレも最大人数の12名様に対し5つあり、十分な数がございます。
国籍の割合はどうなっていますか
およそ95%が日本の方、残り一割の方が韓国、台湾、中国の方です。
変圧器は必要ですか
こだわりのドライヤーなどがなければ通常は問題ありません。パソコンや携帯電話の正規品(純正)はそれ自体に変圧器が付いているためそのまま使えます。純正以外ですと稀に電圧の増減に耐えられずに壊れる事がございますのでご注意下さい。
バギオでATMを使ってお金は下ろせますか
CITI BANKや新生銀行等のカードを使えば簡単にお金を引き出す事が可能です。詳しくは各銀行までお問い合わせ下さい。またクレジットカードであればVISAやマスターに加え、JCBも一部の銀行では利用が可能です。
現地での延長は可能ですか
お部屋に空きがある場合は可能でございます。
自炊は可能ですか
共用のキッチンがございますので自炊は可能でございます。
シャワーの水の勢いは大丈夫ですか
当校ではシャワーの水圧の為のポンプを導入しているため大変強く、快適にご利用頂けます。
途中から授業の増減は可能ですか
可能です。増加に関しては追加料金がかかりますが、減に関してましては事前に講師を手配している関係もあり返金はございません。
自習室はありますか
ございます。24時間利用可となっています。
学校に門限はありますか
夜12時となっておりますが、罰則等はございません。
飲酒喫煙は可能ですか
可能です。しかしお部屋での喫煙は禁止となっており、指定場所のみの喫煙可となっています。
寮と学校は離れていますか
一緒になっています。
学校の近くには何がありますか
当校の近くには大きなスーパーやジムもあり、生活には大変便利な場所となっています。
年齢層はどうなっていますか
これまで20代から70代の方まで幅広く学ばれています。社会人の方が多いです。
本当に初心者でも大丈夫ですか
ご安心下さい。日本人スタッフが全力でサポートさせて頂きます。また今までいらした方も皆様話せる様になって帰られています。

お気軽にお問い合わせください TEL (+63)92-9490-0686 メールでのお問い合わせはコチラからLINE ID:official-bonds

PAGETOP
Copyright © BONDS ENGLISH ACADEMY All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.