BONDS運営事務局です。

先日フィリピンのセブ、レイテ島などの中部を襲ったフィリピン史上最大の台風ヨランダはフィリピンに大きな被害をもたらしました。現在、懸命な救助活動が行われていますが、一部の情報では死者1万人以上とも言われています。

当校のあるバギオ市は今回の被害を受けた地域からは1000km以上離れているため直接的な被害はありませんでした。また現在、マニラ空港、クラーク国際空港での運航は台風当日に若干の混乱は生じましたが、被害にあった地域への渡航を除けば運用に問題は生じてございません。また合わせまして今回の被害に遭われた皆様にこの場を借りてお見舞い申し上げます。