フィリピン留学BONDS卒業生34

ワーキングホリデーの前に8週間ご留学されたHirokiさんの体験談です!
英語が苦手だったというHirokiさんは発音を伸ばしたいと思い、BONDSを選ばれたそうです。

□ お名前
Hirokiさん

□ 年齢
23歳

□ 職業
大学生

□ 留学期間
2ヶ月

□ 留学の目的
英会話力向上

□ BONDSを選んだ理由
他学校との学費の比較的安いのが一番大きな理由でした。
また英会話力の向上が目的の留学だったので、発音重視のカリキュラムは魅力的でした。

□ フィリピンとバギオについて
マニラに着いた時は深夜にもかかわらず暑くて湿度が高く、暑いのが苦手なのでバスの待ち時間が辛かったです…。
一方バギオは夜は寒いくらいの気候で上着は必須でした。

□ 学校について
BONDS代表の高木さんのオリジナルカリキュラムは質問形式の英文を重視したもので、日常会話において必須なフレーズを最短で学べるように作られていました。会話のはじめはほぼ質問からはじまるので、テキストを繰り返し学習し、ある程度質問のパターンを覚えることで英語を話すハードルを下げることができると思います。英会話において最初に何を話せば良いか何て言ったら良いかを学べる初中級者向けのテキストだと思います。

学校の施設についてですが、Wi-Fiが不安定でした。自分の部屋ではほぼWi-Fiが届かなかったので、ネットが見たい時は一階まで降りてました。その分、部屋では勉強に集中できたのでそれはそれでよかったのかなと思います。自分は2人部屋だったのですが、もう1人の方とも仲良くさせていただきノンストレスで生活できました。ただ相部屋の方とは多くの時間を過ごすので、合わない方と一緒だとしんどいかもしれません。神経質な方などは1人部屋のほうがいいと思います。

□ 留学後変わったこと
英語を話すことへの抵抗感は少なくなりました。完璧ではない英語でも多少の語彙とボディーランゲージでコミュニケーションがとれることがわかったので、積極的に英語圏の国へ行ってみたいと思えるようになりました。

□ これから来る方へ
BONDSは初級者向けの学校です。それでもより効率的に学習をしようと思ったら最低限の文法、語彙の知識がないと英語は伸びにくいと思います。なので日本で勉強できるとこは日本で勉強する事前学習は必須だと思います。