フィリピン留学BONDS卒業生29

ワーキングホリーを目指して、その前に8週間留学された小堀さんの体験談です。小堀さんは英語の学習を全くしたことがない状態でご留学されました。しかし8週間後にはオーストラリアに行く前に仕事を内定させ、現地に着いた翌日から仕事があるなど、英語で活躍されています!英語がゼロだった小堀さんには教材が日本語で併記されているのがよかったそうです!

□ お名前
小堀さん

□ 年齢
30歳

□ 職業
会社員

□ 留学期間
8週間

□ 留学の目的
自分のやりたい仕事の技や見聞を更に広げ、大好きな趣味のサーフィンについてもっと広い世界観を持ちたいと思っていました。その為にはコミュニケーションツールとしての英語力を付けなければと思い4ヶ月の独学後、実際に日々英語を使う環境に行こうと決意しました。

□ BONDSを選んだ理由
日本人がいる、いないとかよりも食事や学校のルールなども含めた生活環境を出来るだけストレスがかからないように制限した上で英語学習に集中できる環境と考えているうちにBONDSに決めました。また私は英語を一切勉強したことがなかったので、日本語で理解できる教材というのは魅力的でした。またバギオにしたのはサーフィンが出来る街まで約2時間という地理も最高でした。

□ フィリピンとバギオについて
まず初めに抱いていたフィリピンのイメージ(暑い、治安が悪い、インフラの不整備)が、バギオにはほとんど感じられませんでした。※あくまで個人的な意見です。また、乾季ということもあり雨もほとんど降らず朝晩は涼しく、虫もほとんどでず、快適な環境でした。街に出ても、タクシーやその他交通機関も治安の悪さは感じられず、楽しむ事が出来ました。大都会ではありませんがその分勉強に集中できる環境だと感じています。

□ 学校について
来るまでは、日本人が出来るだけ少ない学校が良いかと思っていましたが、スタッフさん、生徒さんが日本人という事のマイナス面はほとんどありませんでした。むしろ、日々切磋琢磨出来る仲間が出来たのは大きな収穫です。先生達の講師力もかなり高く、基礎から手抜きせずは勿論、いろいろありますが一言で言えば。楽しい!最高!に尽きます。食事も美味しいですし、生活面でのストレスも少ないと思います。

またBONDSで使っている教科書は日本語併記されているので、微妙にわからない事等もすぐに理解出来たので英語の効率はかなり高いと思います。実際、留学をするにしても限られた時間しかありません。自分も2ヶ月時間を作るのが限界でした。終わってから考えると、限られた時間中で無理に分からない事を英語で理解しようとして悩むのは本当に時間の無駄でしかないです。そういう意味でBOOSTERは初心者の人にはかなりお勧め出来ます。

□ 留学後変わったこと
私は、期間終了後すぐ帰国してしまったので、英語力が上がったと確かめるシュチュエーションは数少なかったですが正しい発音方法を知り、改善する事で、帰りの空港や飛行機の中で、乗務員の方へスムーズにやり取り出来たのは嬉しかったですね。

ワーキングホリデーに行く前に日本からオーストラリに英語で問い合わせて仕事を見つけることができました。最初に苦労する人が多いと聞いていたので、これは大きかったです。

フィリピン留学BONDS卒業生26

□ これから来る方へ
バギオ市&ボンズの組み合わせは最強です。しっかり取り組めば確実に成果は出ます。しかし、やはり日本での事前準備は必須です。絶対。勿論、何もなくてもいい訳ですが、単語、文法についての基礎をつけてくることは、授業の内容充実というだけでなく、フリーの時間に先生たちとも沢山話す事が出来る訳で。格段に海外で学ぶ意義が高まります。

本気で話せるようになりたい!現地の人たちとも話したい!学校だけでなく、実際の生活や、遊びの中で英語と触れ合いたい!という方は、ボンズおすすめです。この度はお世話になりました。ありがとうございました!