05 バターン

philippines.map

t028-145x145 05 バターン

バターン州は、フィリピン北部ルソン島の西側にあるバターン半島全体を占める州。この州は中部ルソン地方に属する。人口は56万人あまりで州都はバランガ。東にマニラ湾、西に南シナ海、南にノース海峡、北にサンバレス州とパンパンガ州に接している。

バターンは戦時中に行われた「死の行進」という悲劇の舞台として知られている。大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍捕虜民間人が当初の想定よりもかなり多かった事から7万人にも及ぶ捕虜が120キロもの行程を飲まず食わずで移動しなければいけなかった。その間、収容所に移動するときにマラリアや脱水症状などで多数死亡したことを言う。全長は120キロのうちその半分の60キロは鉄道で運ばれ、残りを3日で歩いた。1日平均20キロの3日間の行進であったという。
7万人を超える捕虜は行進によって1万人近くが亡くなっており、今ではその行軍のあとに石碑等が建ち並びその軌跡をたどる事が出来る。

またバターンにはフィリピンで唯一の原子力発電所がある。建設後に活断層の存在が分かり、建設後に一回も使用されずに今に至っている。現在は原子力発電所ツアーなどとして中を見学する事ができる。

お気軽にお問い合わせください TEL (+63)92-9490-0686 メールでのお問い合わせはコチラからLINE ID:official-bonds

  • メールでお問い合わせはこちら

今日のレートを見てみましょう!




  

Copyright © BONDS ENGLISH ACADEMY All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.