BONDSメソッドとは

  • HOME »
  • BONDSメソッドとは

2016m-new

BONDSでの英会話の学習方法(メソッド)は「日本人独特の弱点に対して的確なアプローチをして解決する」という考えで作られています。授業は長年の成果であるオリジナルの日本人専用教材を利用します。

これら教材によって英会話の学習が初めてというみなさんを中心に数百の日本人の方が実際に英語が話せるようになっており、授業としてのTOEICコースはありませんが、帰国後に800点、900点になったという数多くの結果を頂戴しています。

1 初級者の皆様に日本人経営がおすすめな理由

2016m-9

初級者の方は日本資本を選ぶことが成功留学の第一ステップです。それは「初級」が韓国と日本人ではレベルが違うため、学習効率が大きく変わってしまうからです。まずフィリピン留学は「韓国の方をどう話せるようにするか」を前提に20年程前に韓国の方が始めて今に至ります。つまりそれらは「日本人に向けてのものではない」ということです。それは具体的に以下のような「初級の捉え方の違い」として生じています。

2016m-4

上記のような違いのため、韓国資本の場合だと自分のレベルよりはるかに難しい授業になる可能性が出てきてしまうのです。自分でカリキュラムをコントロールできる中級、上級の方であれば問題ありません。しかし初級者の方は注意する必要があり、実際に英語の学習がゼロの方が韓国資本の学校に数ヶ月いるのに全然話せないというのは起きています。

2 日本人の弱点と解決策としてのBONDSメソッド

2016m-96

BONDSメソッドとはBONDSが導き出した英会話ができるようになるための解決策です。BONDSでは開校以来、「日本人に適切なアプローチ」は何か考えてきました。そして多くの日本人の方を研究、観察する中で以下の「4つの弱点」が日本人にあることを発見しました。そしてそれらを以下のように解決します。

weakpoint-5

名称未設定-32

3 解決策 ⑴ 徹底した発音矯正

2016m-97

BONDSでは発音を重要視しています。以下のように脳には発音に関して柔軟性を持ち合わせておらず、正確な発音でなければ通じないという特徴があります。そのため英会話を身につけるには徹底的な発音矯正が必要になります。BONDSではグループクラス2時間は必ず発音の授業であり、これはフィリピン留学でも屈指の発音授業のある学校です。

また、ただ発音の授業をやるのではなく、理論的に発音の授業が必要だと説明できるというだけで教材や授業内容の質が変わってきます。

名称未設定-31

4 解決策 ⑵ 頭の中に疑問文回路を作る

2016m-9

多くの方は試験勉強の中で文章を読み解く練習をしてきました。しかし試験で疑問文を作る機会がほとんどなかったため疑問文の作成に慣れていません。そのため文章は作れても、それを頭の中で疑問文にすぐに置き換えられないのです。会話のほとんどは疑問文で始まります。ですので、まずはこの点をしっかりと訓練する必要があります。

BONDSの教材では6割以上を疑問文の練習に時間を費やします。

また教材の中で日本語を英語に書いて訳す(彼はこれが好きですか?を英訳する)以外に、即興での質問作成も求められます。授業の中で常に疑問文作成の練習を繰り返しすことで、疑問文回路を頭の中に作り口からスムーズに出るようにします。

疑問文が口から出やすくなると会話がスムーズになるため会話が楽しくなってきます。また過去に大学受験を経験された方は過去の遺産があるため、それの掘り起こしにもつながるため加速度的に英語が話せるようになります。

名称未設定-311

5 解決策 ⑶ 類語学習で単語を使いこなす

2016m-93

BONDSでは「類語(類義語)」に注目した勉強を行っています。類語とは「買う」と「購入する」のような「似た様な意味を持つ単語」です。似ているのに少し違う、その違いには英語の気持ちが隠れています。「決める」という単語からその英語の気持ちを見てみます。

名称未設定-21

上記を見比べると、単語の選び方でニュアンスに違いがでる事がわかると思います。しかし日本ではすべて「同じ」と教えています。何故か。テストでdetermineを訳すという問題があったとすると、日本語の単語1つ1つが持つ意味の幅は英語に比べて広いため、「決断」も「決める」も一緒だと言われれば不正解にできません。そのため、日本では不正解にできない事はすべて同じと教えています。

しかし、意味が同じであれば他の単語は必要ありません。他の単語があるという事はそこに違いがあり、その違いにこそ「英語の気持ち」が存在しています。「結婚すると決めた」と「結婚すると決心した」では表現されている「重み」が全く異なります。類語に注目してこれだけ勉強する教科書は日本、そしてフィリピンを探しても現状でBONDSの教科書ぐらいしかありません。

また教科書全体で学ぶ単語は3,400、派生語も含めれば5,000を無理なく覚える事になります。これはOxford大学が「日常会話にこれだけあれば困らない」として発表しているOxford3,000をも凌駕しています。この単語数は、有名なスティーブ・ジョブスのスタンフォード大学でのスピーチの95%を理解できる事になります。

youtube スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業答辞

booster3

6 解決策 ⑷ 文法は基礎から確実に身につける

2016m-91

留学時に文法知識をすでにお持ちのかたもいらっしゃいます。しかし知っているが故に学習の障害となることがあります。簡単なものが頭で理解できているため先に進みたくなり、一つ一つの文法を確実にする前に中途半端なまま学習を進めてしまうのです。そうした方は最終的に中途半端なまま終わってしまいます。

BONDSでは文法を一つ一つを確実にしてから次に進むという段階学習を行います。段階学習で学ぶとつまずく事を避けながら効率的に学習できます。また教科書は日本人の理解しやすさを考慮し、文法は教科書の中に日本語で記載しています。日本語での説明があるため、英語で何時間かかっても分からない事が5分もかからずに理解する事が可能です。

また教科書にはより細かな説明を知りたい時のために文法書Forestの参照ページを記載しています。そのためわからない文法の解説を自力で探す手間もしなくて済み、自習もしやすいです。こうした工夫が同じ期間を過ごした場合で比べた時に他校とBONDSの留学生の間に大きな成果の違いとして出てきます。

forest-4
*BONDSの教科書に記載されている文法説明はForestのコピーではありません。

[30代男性] 英語ゼロからまさかのコミュニケーションができるまでに!
[30代男性] 他の言語が話せるようになったからわかるBOOSTERの良さ

7 授業で使う教科書はオリジナル教材BOOSTERシリーズ

上記に説明したBONDSメソッドは以下の4種類の教科書に反映されています。これらすべての教科書が日本語と英語の併記のため、誰でもわかる学習効率が高い教材です。

2016m-6

2016m-99

hp-1cost-1voice-3picture-3baguio-2contactblog-6
%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

お気軽にお問い合わせください TEL (+63)92-9490-0686 メールでのお問い合わせはコチラからLINE ID:official-bonds

  • メールでお問い合わせはこちら

今日のレートを見てみましょう!




  

Copyright © BONDS ENGLISH ACADEMY All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.