BONDSに合計で8ヶ月(2回の渡比)留学された卒業生の体験談です。
今まで英語の学習をしたことはありませんでしたが、その状態から学習を始めてサンフランシスコとシンガポールで内定をもらい、最終的にシンガポールで働くことが決まった卒業生の体験談です!

10536936_461093567431480_9216837361251943405_n


▫お名前
 
Matchさん

▫年代

20代

▫ご職業

料理人

▫留学期間

8か月

▫留学の目的
 
海外で料理の仕事をしたかったからです。


▫BONDSを選んだ理由
 
これまで料理人として歩んできましたが人生で英語に触れることはほぼありませんでした。時間をしっかりとって基礎を勉強したいと思い多くの学校に問い合わせをしました。その中でBONDSのホームページは教育についてちゃんと記載してあるという点で違ったので最終候補に残りました。そこから他校と比較する中でBONDSの学習方針や教材が自分でもできるのではないかと感じさせてくれる部分があったので決めました。


▫フィリピンとバギオを選んだ理由
 
初めての海外だったので、安全面で良さそうだったバギオを選びました。実際にバギオはかなり安全でした。


▫学校について(良かったこと、悪かったこと)

BONDSはとにかく教材が自分に合っていました。BONDSには他校からの転校生が置いていった教材なども参考資料として置いていましたが、それと比較してもわかりやすさは全然違いました。やはり自分みたいに英語がゼロという場合、日本語での説明がないと理解するのに時間がかかりすぎるし、教材は日本語から英語にスムーズに移行できる仕組みがあるのでとても良かったです。

悪い点としては個人で意欲的にやれるかどうかという点だと思います。BONDSの教科書はおもしろくさせようみたいなことを考慮されていません。教科書は進むほど知識も増えますがやる内容に大きな変化はないため飽きてしまうこともあります。留学期間が長かったので色々な卒業生を見ましたが、教科書を信じてやった人は英語が話せるようになっていたと思いますが、中には飽きてしまってあれこれ手を出してる人もいました(代表の高木さんは、それは世界的なベストセラーの本だけどやっても伸びませんよ、という風にアドバイスはされてました)。


▫留学後変わったこと
 
結果としてサンフランシスコとシンガポールで内定が出たというのが全てです。英語がゼロからでもここまでこれたというのはBONDSのおかげでした。サンフランシスコも悩みましたが、アジアに興味があったので最終的にシンガポールで働くことを選びました。


▫これから来る方へのアドバイスなど
 
留学の前に最低限の勉強はしたほうが良いと思います。また雨季の頃は乾きやすいシャツなどを持って行ったほうが良いと思います。あと可能であれば、できるだけ外に出て交流を持ったほうが効果的に英語を使えるようになると思います。

あとBONDSだけではないと思いますが、日本人経営だからフィリピンにあっても日本クオリティなんてことはありません。自分はBONDSの清潔さや、料理の味とかに問題はなく、むしろ全然良かった思いますがBONDSはセブの学校のように1ヶ月25-30万円みたいな学校ではありません。高い部屋でも14-5万円です。BONDSは教育売りなので、何か学習内容に問題があって意見を言うならいいですが、他の細かい部分に色々と意見を言うのは違うかと思いますし、そういう人はそういう学校に最初から行ったほうがいいと思います。