IMG_0027

□ お名前
Ryoさん

□ 留学期間
2週間

□ 職業
社会人

□ 年齢
31歳

□ これまでの英語勉強履歴
受験勉強程度。

□ フィリピン留学前の目標
旅を多くするため少しでも日常会話が上達したいと思っていました。

□ BONDSを選んだ理由
私はバギオ市内の学校で8週間、BONDSでは2週間過ごしました。こちらにお世話になったのは韓国資本の学校でストレスを多く抱えたため、次の留学に備えて日本資本も知っておきたいと思ったから

□ 学校について
やはり日本人経営ということもあり、校舎がキレイで先生も生徒も良い人ばかりでした。また私のいた韓国系の学校は発音の授業が実は無くて、むしろそれをここに来て気づいたのですが、発音に少し韓国なまりがある事も教えてもらいました。最終的に2週間でイントネーションなども変わり本当に来て良かったです。

□ バギオについて
マニラなどに比べ治安や気候、人等すべてにおいて良居場所です。

□ フィリピン人について
良くいう話ですが、フレンドリーなのは好感が持てます。

□ 今後について
世界を旅してからまたいつか留学に訪れたいと思います。

□ 留学,学校等を通じて感想
結論から言えば最初からここにお世話になれば良かったです。韓国資本にいれば英語漬けになると思いきや、彼らは韓国語ばかり話しますし、なにより年齢を気にする韓国の方には30歳をすぎたような私の年齢は苦手なようでこちらから話しかければ話してくれますが、基本的に向こうからは積極的に話しかけてくれる事はほとんどありませんでした。最終的に同時期には韓国の生徒さんが40人程で入りしたと思いますが、仲良くなったのはわずかに2人ほどでした。

また、特に発音の授業がすばらしいです。私自身気づいていませんでしたが、日本人との関わりを避けて、韓国の人と接することで英語が伸びると信じていたので仲良くなった韓国の人と話すあまり、韓国人訛りが身に付いていました。フィリピン人の先生の訛りが遷るならわかりますが、韓国の人から遷るとは夢にも思いませんでした。

私の居た学校では発音の授業が無く、またそれが普通だったため気づきませんでした。残念です。また食事面などで少し苦労をしました。私はそんなに食事にこだわりはありませんが、さすがに不味いとなると長期間ではかなり厳しいです。こちらの学校では食事面も気にされていてかなり好感が持てました。