IMG_0470

□ お名前
マブハイさん

□ 留学期間
12週間

□ 年齢
30歳

□ 留学の目的
原発などの関係もあり、もし英語が話せて海外で就職ができたり、自分自身が長く暮らして行けるのかなどを実際に海外に出てみて現地の生活を体験してみたかったので留学を決めました。

□ この学校を選んだ理由
山がいいなと思って探して行く中でバギオという街があることを知り、そこから検索で見つかりました。

□ 留学後に感じた自分の変化
元々英語が苦手でしたが、好き嫌いという感情であなくて、コミュニケーションとしてできるようになりました。また英語の勉強等も好きになりました!

□ 学校について
最初の頃は発音の授業が多く、会話をしなければというプレッシャーが少なくて、楽しくてある意味ではゲーム感覚で英語をのびのびと身につけていけたので良かったです。他の生徒の方も社会人が多く落ち着いた方が多くて、共同生活も気が楽でした。土日には自炊も出来たので、それが特に良かったです。

□ フィリピンとバギオについて
土日に自炊が出来たので自分で食材を買いにいって、特にバギオは新鮮な野菜が安く沢山手に入ったのでそれを調理出来たのが本当によかったです。有機食材を買えて、大手メーカーの化学調味料や出汁に頼らずに調理出来た事が精神的にとても癒されました。自分で作ったお好み焼きと餃子が成功しました!
夏といっても夜になると冷え込んだので少し寒かったです。

□ 今後の予定、これから来る方へのアドバイス
持参してとても役に立った物は洗濯石けん、歯磨き粉、シャンプー、日本製のマスクです。洗濯石けんはこちらで買うと香料の匂いがキツく、日本のをお勧めします。コーヒーのドリッパーを持ってくればよかったと心底後悔しました。バギオはコーヒーの生産地なのにドリッパーが見つかりません。飲み方が違うのだと思うのですが、コーヒーが好きな人はドリッパーを持って来た方が良いです!思いのほか寒いので、上着を必ず持って来て下さい!

また日本語で自分がいいなと思う教科書をもっていけると良いと思います。特に文法の本と単語等をフレーズで覚えられる本がおススメです。今後も勉強を続けて、時間が作れたらまた留学に来ます!バギオはフィリピンの中でも安全なため私みたいに海外に出てみて現地の生活を体験してみたいという人には得におススメだと思います。